タグ: 迅速

罰則もあるので相続の検認をしよう

相続では自筆にするか、公正証書遺言にするか 遺言をする際には良く考えてから迅速かつ正確におこなうようにしましょう。

自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合は、遅滞なく家庭裁判所に提出して検認を請求する必要があるとされています。
“罰則もあるので相続の検認をしよう”の詳細は »