タグ: 直系卑属

死亡・廃除・欠格の場合には代襲相続があります

推定相続人が被相続人に対して殺人・脅迫・詐欺などの違法行為をした場合、当然に相続人になる事はできません。

代襲相続とは、本来相続人になるはずだった血族が死亡などの事情で
相続権を失った場合に、その子や孫が代わって相続人となることです。
代襲によって相続をする人が代襲相続人です。
“死亡・廃除・欠格の場合には代襲相続があります”の詳細は »