タグ: 抵触

やればできるのが相続の遺言の撤回

遺言者の過失、第三者の行為又は不可抗力によって破棄された場合には、撤回の効力は発生しませんよ

遺言者は、いつでも自由に遺言の全部又は一部を撤回することができます。
また、遺言を撤回する権利を放棄することはできず、
たとえ遺言書に撤回しない旨を記載したり、
又は利害関係人に約束したりしていても、これに拘束されることはありません。
“やればできるのが相続の遺言の撤回”の詳細は »