戸籍で相続人は決まるが養子はどうだ

何10人もと養子縁組をして相続税をゼロにしようというようなことは法的に認められていません

■第3者を養子としたら、2割加算しなくてもいいのでは?
そもそも非相続人の孫を養子にせず、第3者を養子にして実子と相続させればいいのではないか、と思われる方も多いと思います。
“戸籍で相続人は決まるが養子はどうだ”の詳細は »

納税を負担する相続人の確定のこと

複数の人が1つの物をそれぞれの『持分権』に応じた期間・時間自由に使える状態にある事を『共有』といいます

配偶者は常に相続人です。ですから、
子がない場合でも夫が死亡すれば妻は相続権があります。配偶者は常に相続人です。
“納税を負担する相続人の確定のこと”の詳細は »

あるととっても助かるのが相続のときの公正証書遺言

相続の時、公正証書遺言は公証人役場で作成できます。

公正証書遺言とは遺言者が
公証人に遺言内容と伝え(口述)、その内容をもとに
公証人が作成する遺言です。

作成された遺言の原本は公証役場で保管され、
遺言者には原本と同じ効力を持つ正本が
渡されます。
“あるととっても助かるのが相続のときの公正証書遺言”の詳細は »

最新の記事 »