カテゴリー: 心配を安心に飛躍させる遺産分割協議

相続における禁治産者の遺言は現代の後見人だね

相続では禁治産者については九七三条 が、本心に復しているときには医師の立合いの下に遺言をすることができるとしています。

第九百七十二条   【 発話不能者の遺言 】
“相続における禁治産者の遺言は現代の後見人だね”の詳細は »

罰則もあるので相続の検認をしよう

相続では自筆にするか、公正証書遺言にするか 遺言をする際には良く考えてから迅速かつ正確におこなうようにしましょう。

自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合は、遅滞なく家庭裁判所に提出して検認を請求する必要があるとされています。
“罰則もあるので相続の検認をしよう”の詳細は »

相続の包括受遺者とは協議書の当事者だ

相続の遺贈とは、遺言による財産の贈与のことです。結構な権利を持っているので相続人は注意を要するよ。

第九百八十八条   【 受遺者の相続人の承認・放棄 】
“相続の包括受遺者とは協議書の当事者だ”の詳細は »

納税を負担する相続人の確定のこと

複数の人が1つの物をそれぞれの『持分権』に応じた期間・時間自由に使える状態にある事を『共有』といいます

配偶者は常に相続人です。ですから、
子がない場合でも夫が死亡すれば妻は相続権があります。配偶者は常に相続人です。
“納税を負担する相続人の確定のこと”の詳細は »

あるととっても助かるのが相続のときの公正証書遺言

相続の時、公正証書遺言は公証人役場で作成できます。

公正証書遺言とは遺言者が
公証人に遺言内容と伝え(口述)、その内容をもとに
公証人が作成する遺言です。

作成された遺言の原本は公証役場で保管され、
遺言者には原本と同じ効力を持つ正本が
渡されます。
“あるととっても助かるのが相続のときの公正証書遺言”の詳細は »