死亡・廃除・欠格の場合には代襲相続があります

代襲相続とは、本来相続人になるはずだった血族が死亡などの事情で
相続権を失った場合に、その子や孫が代わって相続人となることです。
代襲によって相続をする人が代襲相続人です。

代襲相続人は、被相続人の直系卑属かおい・めいです。被相続人の配偶者
や直系尊属が欠けても代襲はありませんし、被相続人の養子の連れ子は、
被相続人の直系卑属でないので代襲はしません。

また、直系卑属も直系尊属もいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。
ただし、第1順位の代襲は無限に続きますが、兄弟姉妹の場合は、その子供
(被相続人のおい・めい)までに限られます。

そもそも代襲は、相続人の死亡、相続排除、相続欠格によって、相続人が
相続権を失った場合にに成立します。

相続放棄の場合は、はじめから相続人ではなかったことになるので、代襲は
ありません。また、子の配偶者は代襲相続人になりません。

相続欠格とは、本来は相続人になるはずの人(推定相続人)が、法に触れる
行為をした場合などの一定の事情により相続人になれないことです。
相続欠格に該当した場合は、遺言よりも強い効力があるので、遺贈を受ける
資格も失います。
なお、親が相続欠格となってもその子供は、代襲者として相続権を得ることに
なります。

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む