相続の特別受益者&受任者とは

生前贈与や遺贈を受けた人のことを
民法では特別受益しゃと言います。
相続で特別受益しゃと相続人が同じ位置に立っている場合
不公平となる事があります。
このような不公平を公平にするために民法では
特別な分割方法を設定しています。
その方法とは、又は遺贈)された額を
遺産額にプラスしてみなし相続財産の額を出すというものです。
受任者とは・・・・・
それを法定相続分でわけて仮の相続分を
出し、次に特別受益しゃの仮の相続分から
生前贈与(又は遺贈)された額を差し引き
実際の相続分を割り出すというものです。
民法第645条(受任しゃによる報告)
受任しゃは、委任しゃの請求があるときは、いつでも
委任事務の処理の状況を報告し、委任が終了した後は、遅滞なくその経過及び結果を報告しなければならない。
民法第646条(受任者による受取物の引渡し等)
1.受任者は、委任事務を処理するに当たって受け取った金銭その他の物を委任者に引き渡さなければならない。その収取した果実についても、
同様とする。
2.受任者は、委任者のために自己の名で取得した権利を委任者に移転しなければならない。
民法第650条(受任者による費用等の償還請求等)
1.受任者は、委任事務を処理するのに必要と認められる費用を支出したときは、委任者に対し、その費用及び支出の日以後におけるその利息の償還を請求することができる。
2.受任者は、委任事務を処理するのに必要と認められる債務を負担したときは、委任者に対し、自己に代わってその弁済をすることを請求する
ことができる。この場合において、その債務が弁済期にないときは、委任者に対し、相当の担保を供させることができる。
3.受任者は、委任事務を処理するため自己に過失なく損害を受けたときは、委任者に対し、その賠償を請求することができる。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む