カテゴリー: 横浜から出る相続のやりかた

死亡・廃除・欠格の場合には代襲相続があります

推定相続人が被相続人に対して殺人・脅迫・詐欺などの違法行為をした場合、当然に相続人になる事はできません。

代襲相続とは、本来相続人になるはずだった血族が死亡などの事情で
相続権を失った場合に、その子や孫が代わって相続人となることです。
代襲によって相続をする人が代襲相続人です。
“死亡・廃除・欠格の場合には代襲相続があります”の詳細は »

財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?

遺言者は、自分の財産を与える対象を自由に決めることができます。 その対象者は相続人だけに限られないため、相続人以外の人や団体等にも自由に財産をあげることができます。

遺言では、自分の死後に自分の財産をどのように処理するかをきめることができます。
財産を処分するということは、自分のの財産を誰回贈与するということです。
“財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?”の詳細は »

相続の特別受益者&受任者とは

次に特別受益者の仮の相続分から生前贈与(又は遺贈)された額を差し引き実際の相続分を割り出すというものです。

生前贈与や遺贈を受けた人のことを
民法では特別受益しゃと言います。
相続で特別受益しゃと相続人が同じ位置に立っている場合
不公平となる事があります。
“相続の特別受益者&受任者とは”の詳細は »

やればできるのが相続の遺言の撤回

遺言者の過失、第三者の行為又は不可抗力によって破棄された場合には、撤回の効力は発生しませんよ

遺言者は、いつでも自由に遺言の全部又は一部を撤回することができます。
また、遺言を撤回する権利を放棄することはできず、
たとえ遺言書に撤回しない旨を記載したり、
又は利害関係人に約束したりしていても、これに拘束されることはありません。
“やればできるのが相続の遺言の撤回”の詳細は »