相続税の特例を受ける際は要注意だ

相続税の特例は、申告書や財産評価の計算ミスがあったり
した場合、本来よりも課題に税金を支払った倍などは
申告期限から1年以内であれば、更正の請求が可能です。

次のような状態で、申告書類提出後に納税金を払いすぎた
という場合でもその事実を知った日の翌日から4カ月以内に
更正の請求をすることができます。

●相続人の廃除、認知などの移動が生じた場合
●遺留分の減殺請求があった場合
●未分割の状態で相続税の申告をしたが、その後分割
協議が成立した場合
●遺言書が発見された場合
●遺贈の放棄があった場合

特例は期限切れにならないように注意が必要です。

また申告期限がある特例はきちんとおさえていきたいもの。
次の特例は相続税の申告期限(相続から10か月以内)
までに相続人間で分割協議が終わらない場合には
摘要がされません。

申告期限から3年以内に分割協議が終わった場合は
適用が可能で、申告の訂正ができます。

●配偶者の税額軽減の特例
●特定事業用資産についての相続税の課税価格の計算特例
●小規模宅地等の評価減の特例

相続税対策

二次相続という言葉をご存知でしょうか?
財産は次の世代に継承されるものですので、次のために
きちんと相続税対策をして、引き継ぐ財産を見直しましょう。

財産が存在すれば、かならず相続税の対象です。
ご自身でチェックリストを作るなり、いつでも対策が
取れるようにしておくといいでしょう。

●相続対策のチェックポイント

□ 所有資産の把握
・・・・・・生前に自分が所有する財産、債務のチェック。
どのように引き継がれるかを考えておくこと。
土地や必要性のある資産などの把握デどれくらいの相続税か
といったところもチェック。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む