カテゴリー: 最低限に税金を抑えたい気持ち

たくさんの事物が相続税のかかる財産だ

相続では贈与税は毎年1月1日から12月31日までの1年間に、親や他人から無料でもらった現金や不動産に対して課税されます。

(1) 相続財産…土地、借地権、建物、現預金、株式、
公社債、家具、電話加入権、自動車、ゴルフ会員権、書画、骨とう、
貸付金、未収金、立木等
(2) みなし相続財産…生命保険金、死亡退職金等
(3) 相続開始前3年以内に被相続人からもらった財産
(4) 贈与税の納税猶予の特例を受けていた農地等
相続税のかかるもの、かからないものがあります。
“たくさんの事物が相続税のかかる財産だ”の詳細は »

相続税の特例を受ける際は要注意だ

相続税が申告書類提出後に納税金を払いすぎたという場合でもその事実を知った日の翌日から4カ月以内に更正の請求をすることができます。

相続税の特例は、申告書や財産評価の計算ミスがあったり
した場合、本来よりも課題に税金を支払った倍などは
申告期限から1年以内であれば、更正の請求が可能です。

次のような状態で、申告書類提出後に納税金を払いすぎた
という場合でもその事実を知った日の翌日から4カ月以内に
更正の請求をすることができます。
“相続税の特例を受ける際は要注意だ”の詳細は »

税金を相続の時に精算して課す法律がある

加算する事を前提に2500万円の非課税枠を設けておりますので、以後暦年課税を使用する事はできなくなります。

相続開始(死亡後)の購入は、物として、また購入資金として、
非課税にしようとしても無理です。
“税金を相続の時に精算して課す法律がある”の詳細は »

戸籍で相続人は決まるが養子はどうだ

何10人もと養子縁組をして相続税をゼロにしようというようなことは法的に認められていません

■第3者を養子としたら、2割加算しなくてもいいのでは?
そもそも非相続人の孫を養子にせず、第3者を養子にして実子と相続させればいいのではないか、と思われる方も多いと思います。
“戸籍で相続人は決まるが養子はどうだ”の詳細は »