死亡・廃除・欠格の場合には代襲相続があります

推定相続人が被相続人に対して殺人・脅迫・詐欺などの違法行為をした場合、当然に相続人になる事はできません。

代襲相続とは、本来相続人になるはずだった血族が死亡などの事情で
相続権を失った場合に、その子や孫が代わって相続人となることです。
代襲によって相続をする人が代襲相続人です。
“死亡・廃除・欠格の場合には代襲相続があります”の詳細は »

財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?

遺言者は、自分の財産を与える対象を自由に決めることができます。 その対象者は相続人だけに限られないため、相続人以外の人や団体等にも自由に財産をあげることができます。

遺言では、自分の死後に自分の財産をどのように処理するかをきめることができます。
財産を処分するということは、自分のの財産を誰回贈与するということです。
“財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?”の詳細は »

相続における禁治産者の遺言は現代の後見人だね

相続では禁治産者については九七三条 が、本心に復しているときには医師の立合いの下に遺言をすることができるとしています。

第九百七十二条   【 発話不能者の遺言 】
“相続における禁治産者の遺言は現代の後見人だね”の詳細は »

罰則もあるので相続の検認をしよう

相続では自筆にするか、公正証書遺言にするか 遺言をする際には良く考えてから迅速かつ正確におこなうようにしましょう。

自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合は、遅滞なく家庭裁判所に提出して検認を請求する必要があるとされています。
“罰則もあるので相続の検認をしよう”の詳細は »

相続の特別受益者&受任者とは

次に特別受益者の仮の相続分から生前贈与(又は遺贈)された額を差し引き実際の相続分を割り出すというものです。

生前贈与や遺贈を受けた人のことを
民法では特別受益しゃと言います。
相続で特別受益しゃと相続人が同じ位置に立っている場合
不公平となる事があります。
“相続の特別受益者&受任者とは”の詳細は »

相続の包括受遺者とは協議書の当事者だ

相続の遺贈とは、遺言による財産の贈与のことです。結構な権利を持っているので相続人は注意を要するよ。

第九百八十八条   【 受遺者の相続人の承認・放棄 】
“相続の包括受遺者とは協議書の当事者だ”の詳細は »

たくさんの事物が相続税のかかる財産だ

相続では贈与税は毎年1月1日から12月31日までの1年間に、親や他人から無料でもらった現金や不動産に対して課税されます。

(1) 相続財産…土地、借地権、建物、現預金、株式、
公社債、家具、電話加入権、自動車、ゴルフ会員権、書画、骨とう、
貸付金、未収金、立木等
(2) みなし相続財産…生命保険金、死亡退職金等
(3) 相続開始前3年以内に被相続人からもらった財産
(4) 贈与税の納税猶予の特例を受けていた農地等
相続税のかかるもの、かからないものがあります。
“たくさんの事物が相続税のかかる財産だ”の詳細は »

やればできるのが相続の遺言の撤回

遺言者の過失、第三者の行為又は不可抗力によって破棄された場合には、撤回の効力は発生しませんよ

遺言者は、いつでも自由に遺言の全部又は一部を撤回することができます。
また、遺言を撤回する権利を放棄することはできず、
たとえ遺言書に撤回しない旨を記載したり、
又は利害関係人に約束したりしていても、これに拘束されることはありません。
“やればできるのが相続の遺言の撤回”の詳細は »

相続税の特例を受ける際は要注意だ

相続税が申告書類提出後に納税金を払いすぎたという場合でもその事実を知った日の翌日から4カ月以内に更正の請求をすることができます。

相続税の特例は、申告書や財産評価の計算ミスがあったり
した場合、本来よりも課題に税金を支払った倍などは
申告期限から1年以内であれば、更正の請求が可能です。

次のような状態で、申告書類提出後に納税金を払いすぎた
という場合でもその事実を知った日の翌日から4カ月以内に
更正の請求をすることができます。
“相続税の特例を受ける際は要注意だ”の詳細は »

税金を相続の時に精算して課す法律がある

加算する事を前提に2500万円の非課税枠を設けておりますので、以後暦年課税を使用する事はできなくなります。

相続開始(死亡後)の購入は、物として、また購入資金として、
非課税にしようとしても無理です。
“税金を相続の時に精算して課す法律がある”の詳細は »

« 過去の記事